So-net無料ブログ作成

イギぴょんの輸血体験!学んだこと…。 [イギぴょん]

a>ken.jpg

こんばんは、
イギぴょんの飼い主、ちろるです。

またまた十三歳のイギぴょんを登場させてしまいました。

今日のイギぴょんは、
おしりを痛そうにきゅんきゅんいったりしていますが、
まあ元気です。

きのうは
フェノバールを1錠飲ませたけど、
夜2時過ぎまで痛そうに鳴いていました[ふらふら]

フェノバールに耐性がついてきているのかも!

増量の予感です…。

それでも
昨日はステーキを、
今日は焼き魚をほおばるイギぴょん、
食欲は衰えておりません[わーい(嬉しい顔)]

むしろ食べたことを忘れてるのでは?
と心配になってしまうくらいの食べっぷりです。

ところで、
お題にも書いてあるとおりイギぴょんは輸血経験があります。

血をくれたのは、
上の写真のわんこ、けんちゃんです!

わんこの輸血と人間の輸血で違うところは、
わんこは血液型がないみたいです。

イギぴょんの輸血の際、
病院から言われたことは、

8歳より若いこと
体重が10キロを超えること

でした。

犬種は確か言われなかったと思うのですが
(10キロをこえるシーズーはなかなかいない。)、

結局は体重10キロを超えるシーズーけんちゃんが
血を提供してくれることとなりました。

けんちゃんは10歳でしたが、
体力があるため、
条件をクリヤーしました。

イギぴょんのオペは大量出血が予想されたため、
大量の血がひつようだったのです!

オペは無事に成功し、
けんちゃんはイギぴょんの血兄弟となりました。

その後、
ちろるは遠くに引っ越し、
けんちゃんとも会っていません。

イギぴょんのいのちの恩犬、けんちゃん。

このブログでけんちゃんに感謝を捧げたいと思います。


わんこの輸血は、


血液型は考えなくても良い(一応輸血前に凝固テストはしますが)。
体重はなるべく重いわんこからもらおう!
同じ犬種ならなおのこと安心!

ということを学びました[わーい(嬉しい顔)]

この知識を、
みなさんのセカンドオピニオンなどに役立てて、
より充実したわんこ・ライフをおくる一助になればと願います。

この13歳のオペ体験、
いろいろと考えさせられることが多かったので、
近々ブログに書かせていただこうかと考えております。

手術直前のイギぴょん↓
ken.2.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



シーズーレスキュー.gif
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。